椎間板ヘルニアになりやすい犬は要観察で健康維持~異種族でも家族~

家族

大事な家族の眠る場所

ペットを埋葬する所がない

猫

一昔前、自宅で犬や猫を飼っていた人は、ペットが亡くなると自宅の庭に葬儀したものでした。ペットを飼えるのは一軒家で、その家屋には僅かでも庭の敷地があったものでした。しかし、近年になってマンションやアパートでもペットを飼う人が増え、動物のお墓の問題が深刻化しました。実家が一軒家であれば、ペットの亡骸の葬儀を頼むことができたのですが、最近ではそれも難しくなりました。そこで、考え出されたのがペットの葬儀、葬儀のサービスでした。犬や猫の火葬や葬儀、専用のお墓に至るまでサポートし、動物のお墓の問題を解決に導きました。長年連れ添った家族を葬ることができるようになったことで、一つの問題が解決しようとしています。

飼い主の悲しみと心のケア

自分のペットのお墓が出来て、喜んでいる人もいますが、家族を失っていつまでも悲しい思いをしている人も大勢います。ペットロスの状態は、人によって大変長引きます。ペットの葬祭関係の会社では、新たな取り組みとして、飼い主の心のケアに取り組もうという試みがあります。動物の墓地を有する寺院の僧侶にかけあって、飼い主の悲しみの相談を行っている企業も出てきました。飼い主の相談に乗るのはお坊さんなので、志以外のお金はかかりませんが、企業側としてはあらたな展開を模索しています。今後は本格的にカウンセラーなどを配置する事業も始まることでしょう。ペットの葬祭のみであなく、ペットロスに対するカウンセリングをセットにするサービスが始まるのもそう遠くはないでしょう、

このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright ©2015 椎間板ヘルニアになりやすい犬は要観察で健康維持~異種族でも家族~ All Rights Reserved.