椎間板ヘルニアになりやすい犬は要観察で健康維持~異種族でも家族~

笑顔

ペットのお葬式

ペット

外見こそ人とは違うものの、家族のひとりには違いないのがペットです。その死を弔い、きちんと送り出してあげましょう。北区にあるペット用の葬儀を専門に行う業者を選ぶと、理想の形でお葬式から埋葬までサポートしてくれます。

詳細

たくさんの種類から選ぶ

動物病院

ペットを購入する場合、ペットショップを利用している人も多いでしょう。しかし、ブリーダーから直接購入することで種類も豊富な中から、好きなペットを家族に迎えることができます。

詳細

病気に注意しよう

その症状と、なりやすい種類

動物病院

ダックスフントやフレンチブルドッグなど、人為的に品種改良された犬種は、 軟骨の変性が起こりやすいという体質を持ちます。 これらの犬種では、椎間板の内部が変性し、椎間板ヘルニアになりやすいと言われています。 椎間板ヘルニアとは人間にも起こる病気の一種で、脊髄の神経が圧迫される病気です。 圧迫の程度により、軽度の場合の症状は痛みとなって現れますが、 重度の場合はマヒが発症しますので、軽度のうちに対策しておくことが重要です。 先に述べたダックスフントや、人気のミニチュアダックス、フレンチブルドックの他にも、 ビーグルやウェルシュ・コーギー、コッカースパニエルなども 椎間板ヘルニアを起こしやすい犬種として注意が必要です。

毎日の観察が何よりも重要

犬は痛みや症状を言葉で表せませんので、まずは毎日よく愛犬を観察することが重要です。 椎間板ヘルニアの症状は、その多くは足に現れます。 歩けることはできても、あまり歩きたがらない。 背中を丸めて震えていて、どこか足をかばっている。 などは、椎間板ヘルニアだけではなく、他の病気の初期症状としても注意が必要でしょう。 歩くときにつま先を丸めたり、滑らかではなくロボットのような歩き方をする、などは 椎間板ヘルニアの疑いがかなりあります。 もっと症状が進むと、背中を丸めて前足だけで歩いたり、お尻の皮膚を触っても反応しなくなります。 放置すると、後ろ足を完全に使わなくなり、その場でおしっこをしてしまうこともあります。 そうなる前に、早めに病院を受診しましょう。

大事な家族の眠る場所

猫

ペットを飼っている人にとって、亡くなった後の埋葬場所は重要となります。最近ではペットのための葬儀や埋葬サービスが登場しており、お墓を始めとする様々な問題が解決に向かっています。

詳細

おすすめサイト

このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright ©2015 椎間板ヘルニアになりやすい犬は要観察で健康維持~異種族でも家族~ All Rights Reserved.